日本現代アート透明賞

日本現代アート透明賞

2019 Ms. MARUYAMA Hikari

 2019 Ms. MARUYAMA Hikari 丸山ひかり 氏

Main criteria in selecting MARUYAMA Hikari 丸山ひかり as JCATP recipient was her written article「タブーの表現に挑む」(Tackling Taboo Expressions) in the evening edition of the Asahi Newspaper 朝日新聞夕刊, 17th of May 2016.

Subcriteria:
–「他人ごとでないフェミニズム」(Feminism is not other People’s Affairs) 朝日新聞夕刊、2018年5月18日
–「「日本人」のまなざし 100年前と今」(Appearance of the ‘Japanese’, 100 Years ago and now) 朝日新聞夕刊、2017年10月17日
– 「原爆・原発 アートで向き合う」(Facing Atomic Bomb – Nuclear Power via Art Works) 朝日新聞夕刊、2016年12月17日
–「9条 アートに」(Expressing the Article 9 of the Japanese Constitution through Art) 朝日新聞夕刊、2018年5月2日
–「福島市 防護服着た像撤去へ」(Removal of a Sculpture with a Protective Suit in the City of Fukushima) 朝日新聞、2018年8月29日
–「美術館 せめぎ合う境界線」(Museum Exhibitions: Clash of Opinions about Imposing Limits) 朝日新聞夕刊、2016年6月7日
–「表現の自由めぐり危機感」(A Sense of Crisis Regarding the Freedom of (Artistic) Expression) 朝日新聞夕刊、2016年8月2日
–「報道とアートの境目 原発事故の現実写す」(A Realistic Close-up of the Nuclear Accident at the Convergence of Art and Journalism) 朝日新聞夕刊、2016年7月12日